ファナック11Mから0i-Fのラダーへ変換

こんにちは、安田です。

レトロフィットでNC制御装置を載せ替えるとなると、

いろいろ面倒なことがおきますね。

 

面倒というより、やらなければいけない事というか

やっておいた方が良いこと、というか。

 

例えば、ファナックの11Mなどを、0i-Fに換装しましょう。

という話になって、電気図面が無かったらどうしましょうか?

 

最悪の場合、ハード図面は、電線とかの接続先をたどっていけば

時間がかかっても、ほぼ全体像が見えてきます。

(ん~、やる人はあまりいないと思われますが)

 

制御ソフト(ラダー)の方はどうしますか? ってことで、

できれば参考情報として、現在のものがあると助かりますよね。

無かったら、I/Oの情報を考慮しながら、

機械の操作方法や、メッセージ表示の仕方にいたるまで

全部最初から作ることになります。

 

それでもいいのですが、

機械の使い勝手や、

過去からの運用・保守の経緯を考えると

極端に変化しない方が良いことも多いでしょう。

 

それじゃどうしましょうか?

 

はい!

そういうときは、11MのPMCカセットさえあれば

そこからラダーを読み出して、

簡易的に他のPMC機種(例えば0i-F)へ

コンバートすることが可能です。

 

P-Gで11Mのラダー表示させるとこんな感じ↓↓↓ですが、

 

 

これを元に、Windowsパソコンで表示させるとこうなります↓↓↓

 

さらに、FANUC LADDER 3のソフトでラダー表示させるとこんな具合に↓↓↓

 

ここまでくれば、アドレスの検索や置換、

印刷などもスムーズにできるので

作業がかなり楽になると思います。

 

図面見ながら入力するのであれば、

このコンバージョンするやり方をオススメします!

 

・・・

今どき、こんな事をする人も、

どのくらい存在しているのかわかりませんが、

レトロフィットのお手伝いにはなるでしょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

営業日カレンダー

安心と信頼の証明書

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。
ページ上部へ戻る