トピックス

20年以上前のPMC-ROMは、ほんとうに、急いでバックアップを作成してください

11M用PCカセットとPCライター

2021年も残りわずかとなりました。

今年も結構な数のPMC-ROMを作成してきました。

ラダープログラムの改造もしましたが、バックアップ業務もそこそこ多かったです。

以前から「壊れる前のバックアップ」を提唱していますが、その中でも結構な古さのFANUC 10M,11M の案件もありました。

FANUC Series 10/11/12 といえば、だいたい1985,6年くらいの「新製品」でだったと思います。

最大4軸制御+主軸制御の10シリーズ

最大5軸制御+主軸制御の11シリーズ

最大15軸制御+主軸制御の12(M)シリーズ

と、この辺を見たら、たしかに今でも実用的な仕様です。

1985年、1986年といえば20年どころか、35年ほど前の商品なんですが、まだまだ現役として生産ラインで活躍中の工作機械が、数多く存在しているんです。

日本製の設備が丈夫で長持ちというのは、かなり前から言われていますが、海外での評価の前に、日本国内で鍛え抜かれた工作機械メーカーの努力の結晶によるもの。と考えたら納得できるんではないでしょうか。

今では、軽薄短小こそがよい機械、と見るところもありますけれど、しっかり長く使えるものを作る方が、結果的にはエコなんじゃないかな、と思っています。

機械設備の正規ユーザー登録されていれば、FANUCからは保全用途として、写真のPC CASSETTEなども入手可能となっています。

代品のカセットがあれば、機械が故障する前に「正常な状態のデータ」をコピーすることで、突発的なROM故障に短時間で対処できることになります。

いったんデータが壊れたROMを再生するには、かなりの時間を必要としますし費用もかかります。

その間、設備がストップしたままになるため、まともに生産できず、損害がさらに大きくなるのは明らかです。なので「壊れる前のバックアップ」を計画的に行うことが、とてもともて大事なのです。

弊社では、ROM(データ)破損後の突発事案にもできる限り対応しますが、完全なる復旧が100%ではないことも事実です。

壊れる前のコピーは、確実にプログラムやデータが保存できるため、まずはバックアップコピーの作成を計画してくださいませ。これは切にお願いします。

弊社へのお問い合わせは、お問い合わせフォームからご遠慮なく送信してください。
もしお問い合わせフォームが動かない場合、NTTの提供しているWeb電話帳、iタウンページから アネックソフト株式会社 を検索してお問い合わせいただいても結構です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


安心と信頼の証明書

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当WebサイトはグローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

ピックアップ記事

  1. ファナックの0Mシリーズ、0Tシリーズのラダープログラム改造が可能です

    まだ現役で活躍中のマシニングセンタやNC旋盤などの制御装置で、ファナック製の0Mや0Tのシリーズでラ...
  2. FANUC PMC CASSETTE A

    ファナックの15M、15Tシリーズのラダープログラム改造が可能です

    まだ現役で活躍中のマシニングセンタやNC旋盤などの制御装置で、ファナック製の15Mや15Tのシリーズ...
  3. ROM焼き作業中

    海外の18-TAのEPROMデータからラダーを復元しました

    こんにちは、安田です。
  4. FANUC CPU各種

    ファナック製NCの制御ソフト、ラダー編集や設計で困っていませんか?

    オムロンや三菱のシーケンサ・PLCよりも個性的なファナックのPMCによるラダー作成・編集は経験者に...