I/Oモジュールの追加で機能拡張

先日、あるメーカさんの格安NC旋盤を改造しました。

価格が安い分、いろんな所がコストダウンされているのが

実機を確認させてもらったところ、よくわかりました。

かなり徹底されたエコ・コスト機です。

 

さて、ご依頼の内容はというと、

「外付けのローダ(ロボット)でワークの脱着をして、

計測装置からのフィードバックをしたいけれど

改造できますか?」 というような内容でした。

 

I/O点数が足りないため、I/Oモジュールを1個追加して

インターフェース用にターミナルリレーと端子台を追加しました。

PMCのラダー(ソフト)は、ご要望の内容で書き換えることができたので

あとはローダのセットアップと接続をして、試運転を行っていただくように

お願いして、とりあえず作業終了となりました。

 

追加部分は赤枠の部分ですが、FANUCのモジュール以外は

入手しやすい部材と思います。

格安機のため、部品の追加スペースも限られていましたが

今回のものはなんとか追加できたのでよかったです。

 

安い設備に「ちょっと」手を加えて、

やりたい作業をやらせる。というスタイルは

今後も増えていくのではないかと思います。

 

安田

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

営業日カレンダー

安心と信頼の証明書

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

グローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。
ページ上部へ戻る