トピックス

壊れ続ける日本のNC工作機械

壊れる機械

こんにちは、安田です。

まもなく平成が終わろうとしていますが
昭和の終わりから、平成のはじめ頃につくられて
今も活躍している工作機械が
あちこちで壊れています。

今年に入ってからすでに何件もの
ROM故障の対応をしています。

ROMデータの再製不能なときに、
ラダー図面が残っていれば、まだ良い方です。

図面もバックアップデータも無い。
機械メーカは倒産して無くなっている。
そんな危機的ともいえる状況が、
今、あちこちの工場で発生しています。

中小の町工場レベルではなくて、
上場企業でも同様な事がおこっています。
大丈夫か、日本の製造業!

追記:
コロナに負けず、知恵と工夫で新しい製造業を目指すんだ!
・・・と、未公開記事を加筆・削減して公開しました(^^)



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


安心と信頼の証明書

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

当WebサイトはグローバルサインのSSLサーバ証明書により運営者情報が認証されています。

ピックアップ記事

  1. 壊れる機械

    壊れ続ける日本のNC工作機械

    こんにちは、安田です。
  2. ROM焼き作業中

    海外の18-TAのEPROMデータからラダーを復元しました

    こんにちは、安田です。
  3. ファナックの0Mシリーズ、0Tシリーズのラダープログラム改造が可能です

    まだ現役で活躍中のマシニングセンタやNC旋盤などの制御装置で、ファナック製の0Mや0Tのシリーズでラ...
  4. FANUC PMC CASSETTE A

    ファナックの15M、15Tシリーズのラダープログラム改造が可能です

    まだ現役で活躍中のマシニングセンタやNC旋盤などの制御装置で、ファナック製の15Mや15Tのシリーズ...